トップ

WEBサイトのセカンドオピニオンとは

ホームページ制作・リニューアルやSEO対策の検討時、制作会社と異なる第三者として、お客様の判断を助けるアドバイスを行います。

何故セカンドオピニオンが必要なのか

制作会社からの提案が最善の方法なのか?。そのような場合、別の専門家がチェックしアドバイスする事で、お客様はより適した方法を選択する事ができます。

また、残念な事にお客様より自社の都合を優先する制作会社もあります。お客様要望の否定、不必要なツール購入の依頼、手抜き制作。 これらを専門家がお客様に代わってチェックする事が可能となります。

セカンドオピニオンにより「失敗しないホームページ」を目指しませんか。

デザインが得意、構成が得意、SEO対策が得意など制作会社は得意分野があります。しかしながら、それは不得意分野が有ることを意味しています。Webアドバイザーでは、お客様のホームページの総合力をあげるには、ウィークポイントを残さない対応が必要です。

[新規ホームページ制作の場合]

■制作会社からの提案について、評価しアドバイスします

  • お客様にとって本当に必要な提案なのか?
  • 料金は他と比べて妥当なのか?
  • 他に低価格で有効な方法があるのか?

■お客様の要望をチェックします

■ホームページに隠れた問題が無いかチェックします

■ホームページに手抜きが無いかチェックします

  • 本当に必要な提案なのだろうか?
  • 料金は他と比べて妥当なのだろうか?
  • 他に低価格で有効な方法があるのでは?

■保守対応用のツール類についてアドバイスします

WEBサイト専門家が、利害関係の無い第三者としてお客様観点でチェック

利害関係の無い第三者

利害関係の無い第三者の専門知識によるアドバイスが、

[新規ホームページ制作の場合]

  • 制作会社からの提案を、お客様の観点から評価しアドバイスします
  • 制作会社からの提案を、お客様の観点から評価しアドバイスします

[新規ホームページ制作の場合]

  • 制作会社からの提案を、お客様の観点から評価しアドバイスします
  • 制作会社からの提案を、お客様の観点から評価しアドバイスします

[ホームページリニューアルの場合]
制作会社からの提案を、お客様の観点から評価しアドバイスします。

 

 

 

そして、アドバイザー契約とは、お客様のホームページ担当者としてお客様の利益のために専門知識によるサポートを行う事を目的としています。

ホームページ制作を依頼した場合、制作会社の機能・ツールなどの提案を無条件に受け入れていませんか。
もちろん、知識があり判断できるお客様は問題ありません。しかしながら、大部分のお客様は専門外であり、言われるままに承諾してしまう場合も多いでしょう。

そんな時に、外部の利害関係の無い、専門知識を持つ第三者からアドバイスを貰えたらどうですか?
ツール・システムなど売り込む必要が無いので、お客様の観点で費用対効果を考えたアドバイスを行うことができます。

制作時アドバイス

ホームページ制作、リニューアル、SEO対策時に、お客様のサポートを行います。

現状チェック

お客様のホームページについて、問題点・改善点のチェックを行います。

お知らせ

  •  サイトオープンに向け制作中。しばらくお待ち下さい